Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

【北川正恭氏 インタビュー2】 印刷 Eメール

北海道恵庭市のマニフェスト選挙


北川正恭
(きたがわ・まさやす)
早稲田大学大学院教授,21世紀臨調共同代表,言論NPOアドバイザリーメンバー
profile
1944年生まれ。67年早稲田大学第一商学部卒業。三重県議会議員を経て、83年衆議院議員初当選。90年に文部政務次官を務める。95年より三重県知 事。ゼロベースで事業を評価し改革を進める「事務事業評価システム」の導入や、総合計画「三重のくにづくり宣言」を策定・推進。2003年4月、知事退任。


「北海道恵庭市のマニフェスト選挙」

 私は、全国をまわって選挙をみていますが、だんだんマニフェスト的な要素が入らないと選挙にならなくなっています。たとえば、マニフェスト型の公 開討論会は首長選挙の3割から4割は行われるようになってきている。最近の優れたマニフェストとしてご紹介したいのが、2005年11月に行われた北海道 恵庭市の市長選挙での中島興世さんのものです。見た目も内容も明確にレベルアップしたものです。

argaiv1879

 第一に、積極的にマニフェストを見せようとした点がすばらしい。中島さんのこのマニフェストはきれいなカラーの絵本になっています。これまでの選 挙では、政策はできるだけ隠して、「私はどの町の出身です」とか、「業界団体にこのような利益をもたらします」と言っていたのと比べるとかなり進化してい ます。

 第二に、問題を特化して、恵庭をこういう立ち位置に変えますということに見方を絞りました。日本で、マニフェストとは体系だった政策集でなければ ならないということを言いすぎたのですが、かつて、トニー・ブレアに97年の選挙のときに「あなたのマニフェストは何ですか」と聞いたら、「エドゥケー ション・エドゥケーション・アンド・エドゥケーション」と言ってきちんと教育に特化していたんです。恵庭市のマニフェストの最後に、「このマニフェスト は、すべての行政分野について記述したものではありません。限定的な分野にとどまっています。市政は何を目指すべきなのか、現状を打開する突破口をどこに 求めようとしているのか。そうしたことを明確にしたいと考えたのです。」とあります。このマニフェストはひとつのプレゼンテーションのあり方を提示したこ とになります。

 たとえば「子どもたちの問題こそ最重要の地域課題」という観点から「恵庭市の財政危機を突破するには、まず、自治体の目的、役割、進むべき方向を 明らかにすることです。」と妥当性が明確です。具体的には「読書コミュニティを作ります」「学校図書館で本を借りて、小学生1人が1年で100冊読むのを 目標に、市民と協力し、町の読書環境を整えられるよう工夫します」とあります。子どもの問題への立ち位置として、これまで虐待やいじめへの対策などの対処 両方だったのを、想像力や人間らしい完成を豊かにする、そのために図書館の充実を一生懸命やります、ときちっと決めたわけです。

 この方は、北海道大学を出られてから、恵庭の市役所に入られて、課長まで勤められました。2年前に市会議員になられました。現在59歳です。対抗 馬の前市長は、なかなか立派な人で、与党からの推薦を受けていましたので、中島さんは0対100のような体制で選挙に出られた。だけど、この方はポッと出 た人ではなくて、ものすごく能力のある方です。ご自身で政策を考えているんです。

 具体的に政策をみますと、少子化対策として「プレーセンターで、子どもを育て合いながら親も育っていく」とあります。子どもを育てながら親も育 つ、初めて子を持つ親は大変だから町のプレーセンターで育てる、という町づくりを目指している。また、「酪農教育ファーム、市民のお金が子どもたちのため に生きる公募債」とあります。これは、厚かましい話で利子はないけれど、その代わりあなたに夢を与えます、というんですね。それでも応募が来るんです。北 海道開発庁に頼るなということが、こういう形で示されているのです。

 

「炊きたてのご飯を子どもたちに」

 子どもが心とからだをすこやかに育てるのに、食事がとてもだいじなのですが、その習慣ができていない子どもがふえています。朝ご飯を食べなかった り、ひとりで食べたりして、食事がおいしく楽しいことだと感じていないのかもしれません。給食の食べ残しもとても多いそうです。では、もし小学校の給食が 炊きたてのご飯だったら?

 四国の南国市では、給食のご飯を学級で炊いて、子どもたちはホカホカを食べているのだそうです。炊きたてだとおいしいので、食べ残しがなくなった そうです。クラスのみんなで炊きたてご飯を食べられる給食は、きっとうれしくて楽しいでしょうね。食べることで子どもの心やからだを守ったり、子どもたち に毎日の食事のたいせつさを教えたり、そして、自分たちのまちでとれた食べもののおいしさを伝え、何より食べることを大事に考える子どもたちを育てていく こと。これは「食育」といって、いま人を育てるのにとても重要なことだと知られています。子どもたちに、ぜひ、炊きたてご飯の給食を味わってもらいたいと 思います。

 恵庭の子どもたちの食事の実態も大きな問題です。1人で食事をする「孤食(こしょく)」は、朝食では小学生21%、中学生30%です。そこで重要 な役割を果たすのが学校給食。家庭での食生活ができていない現状では、学校給食に期待するしかないといっても過言ではありません。ところが、恵庭市の学校 給食の食べ残しは、1日で300kg、年間60tにものぼっているのです。高知県南国市では、学級ごとに家庭用炊飯器を2台おき、給食で炊きたてのご飯を 食べています。炊きたてのご飯ほどおいしいものはありませんから、残しません。ご飯がおいしいとおかずもおいしい。自然に食が進みます。南国市立国府小学 校の調査では、1週間のご飯の残りは、なんと全校で0.5人分だったそうです。おかずの食べ残しも、とてもとても少ない。

 このように子どもの目線に立ち、市民へ分かりやすく訴えることにより、投票日開けたら、1万8000対1万3000で中島さんは圧勝しました。
中島さんは、市役所の職員と市会議員をされているあいだに、恵庭市をガーデニング日本一の町にしたんですよ。そういう実績がなければ選挙というのは、マニ フェストだけで勝てるわけではない。恵庭市の選挙は、実績のある人が戦略的に妥当性が問われるまでコンセプトを決めて、達成手段にきちんとプライオリティ をつけてやれば勝てるという見本です。マニフェストはサイレント・マジョリティを引き出す気づきの道具になったんです。これが現場の実際の動きです。 

⇒このページの先頭に戻る

⇒第3話を読む