Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

【北川正恭氏 インタビュー3】 印刷 Eメール

マニフェストの波及


北川正恭
(きたがわ・まさやす)
早稲田大学大学院教授,21世紀臨調共同代表,言論NPOアドバイザリーメンバー
profile
1944年生まれ。67年早稲田大学第一商学部卒業。三重県議会議員を経て、83年衆議院議員初当選。90年に文部政務次官を務める。95年より三重県知 事。ゼロベースで事業を評価し改革を進める「事務事業評価システム」の導入や、総合計画「三重のくにづくり宣言」を策定・推進。2003年4月、知事退任。

 

argaiv1879

「マニフェストの波及」

 マニフェストは必要条件であって十分条件ではありませんが、マニフェストの「気づきの道具」や「政策の大転換の道具」としての使い方が、全国で普 及して各県で一つか二つでも出ればいいですね。北海道では恵庭市のマニフェストはすごいセンセーションです。私はこの北海道の流れの中で、このあと実験で きるいくつかのリードできるまちを作っていきたいのです。そうでないとプラクティスにならないと思う。

 恵庭市以外にも次の段階のマニフェストが出てきています。九州の柳川市は1市2町が合併するときに市長選挙が行われ、人口比率56%の柳川市の現 職の市長と23%の大和町の町長が立候補しました。吉田さんという町長は従来型のいわゆる団体、商工会議所とか農協とか連合の関係ではなくて、「お願い」 から「約束」へと決めたのです。「私は頼みません。これとこれとこれをします。ほかのことならばどうぞ相手の候補に入れてください。選択はあなた方です」 と訴えて選挙をした。現職の市長も立派な人だったのですが、結果は、人口比率23%の町長が圧勝した。また、愛知県の新城市も小さな町の町長が大きな市の 前市長に勝ちました。これは、地縁から政策へとパラダイムを変えたということで意義があります。

 全国でこうした動きが始まっているということは、「格差」ともいえますが、格差はベスト・プラクティスです。ベスト・プラクティスが出てきたらそ れを真似するようになり、それが標準化していくようになります。そのために、私は全国を徹底的にまわって、いいところは頑張って応援しています。

 マニフェストの次の段階として、「学校マニフェスト」、「病院マニフェスト」、「建築マニフェスト」というように政治以外の分野にも広がってきて います。ようするに、価値前提なんです。どういう学校や病院であるべきか、をマニフェストに置き換えると、学校や病院は多元多様ではないから、政治行政よ りシンプルでしょう。

 たとえば、「建築マニフェスト」は、3千万円か4千万円もかけて家を建てるときに、本当に3千万円の価値があるかということは、耐震性の問題など があって、心配になるでしょう。そこでマニフェストとして、企業側がコンセプトや利益、資材、期限などを全部提示するんです。この建築マニフェストのマネ ジメント・システムに銀行が信用をつけて融資し始めました。そして、このマニフェストを公的な住宅公社で取り入れざるを得ないという運動が起こってきてい ます。

 そこでは評価するユーザーがいます。ガチガチのシステムをすべて徹底的に情報公開して、「3000万円なら300万円の利益をいただきますよ」と 明確にするんです。こうしたマニフェストを使ったビジネス・モデルを本格的に作り始めたところもあります。これをビジネスにしたいと、マーケットができて きたわけです。こういうものがいろんな分野で終結したら、本当の力になってまた次のバージョンに進める。私も学術的なこと、実体的なことで力を貸していき たいです。

⇒このページの先頭に戻る

⇒第4話を読む