Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

「新政権の課題」評価会議開始/vol.2安全保障問題 印刷 Eメール


言論NPOは「新政権の課題」と題して、各分野の専門家を招き、継続的に評価会議を行っています。第二回目の評価会議は、先日発足した安倍政権に問われる 「安全保障」問題について、倉田秀也氏(杏林大学教授)、道下徳成氏(防衛研究所主任研究官)、深川由起子氏(早稲田大学教授)を招いて、議論を行いまし た。

道下徳成(みちした・ なるしげ)
防衛庁防衛研究所 研究部第二研究室 主任研究官
profile
1990年筑波大学第三学群国際関係学類卒業、防衛庁防衛研究所入所。1994年ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)修士課程修了(国際関係学修士)、2003年同大学博士課程修了(国際関係学博士)。2000年韓国慶南大学校極東問題研究所客員研究員、2004年安全保障・危機管理担当内閣官房副長官補付参事官補佐等を経て、現在は防衛研究所研究部第二研究室主任研究官。専門は、戦略論、朝鮮半島の安全保障、日本の安全保障。

argaiv1617

深川由起子(ふかがわ・ゆきこ)
早稲田大学 政治経済学部 国際政治経済学科教授
profile
早稲田大学大学院商学研究科博士課程修了。日本貿易振興会海外調査部、(株)長銀総合研究所主任研究員、東京大学大学院総合文化研究科教養学部教授等を経て、2006年より現職。2000年に経済産業研究所ファカルティ・フェローを兼任。米国コロンビア大学日本経済研究センター客員研究員等を務める。主な著書に『韓国のしくみ』(中経出版)、『韓国・先進国経済論』(日本経済新聞社)などがある。

倉田秀也 (くらた・ひでや)
杏林大学総合政策学部教授
profile
1961年生まれ。85年慶應大学法学部卒、延世大学社会科学大学院留学、95年慶應大学大学院法学研究科博士課程単位取得。91年より常葉学園富士短大専任講師・助教授を経て2001年より現職。その間、日本国際問題研究所研究員、東京女子大学、東京大学などで非常勤講師。主著『アジア太平洋の多国間安全保障』等多数。

■記事

現在、安全保障面では北朝鮮問題が浮上し、朝鮮半島を巡る問題がクローズアップしております。この会議が行われたのは、安倍政権時での日中の首脳会 談や北朝鮮の核実験、国連の制裁決議前でした。事態は急激に動いておりましたので、その内容の公開を一時見送っておりましたが、再度、それを踏まえた議論 を加えることで会議内容の更新を行っているところです。

北朝鮮情勢を踏まえた会議の内容は、マニフェスト評価ブログの中で近日中に公開いたしますが、ここではそれ以外の、安倍政権が抱えた安全保障面の論点を簡単に紹介します。

会議では、小泉政権の安全保障政策に関して、イラクへの自衛隊派遣は、領土防衛だけでない国際協力業務に対してより積極的な役割を果たし、世界の潮 流に合わせてきたと評価されました。その一方で、自衛隊を派遣するために、その都度特措法を成立させなければならない国内法の限界があることや、仮に、派 遣中に武装行動を受けた場合などの法的不備があり、これらは新政権の課題であると指摘がありました。

さらに、安倍総理が重視している集団的自衛権の問題について議論が進みました。ここでは、「国連などの集団的安全保障体制との関係や、憲法改正が必 要かどうかを見極めなければならない」「いずれにしろ、アメリカや世界全体から言われるからではなく、日本の国益から鑑みて、「経済力」や「人」をどうい う資源配分をすれば国益を最大化できるのかという視点で考えるべきである」、という意見が出されました。

安全保障分野で、安倍総理は日本版「NSC(国家安全委員会)構想」について言及しています。ただ、経済分野とは違って、日本は安全保障政策の専門 家の絶対数が少ない上、決定過程が米国の大統領制と議院内閣制とは大きく異なるので日本版NSCが官僚から分離した形で機能することは難しいのではない か、という意見が出されました。

また、日米関係が次の時代に向けて関係を強化する一方で、オーストラリア、中央アジア、ロシアなどの日米以外の国の大国との関係をどう見定めるか、地域戦略をもとに具体的政策に落とし込めるかが次の課題であると指摘がありました。

最後に、北朝鮮のミサイル、核開発問題で、今年7月のミサイル発射問題を巡る日本、中国、米国の対応を元に議論されました。ここの内容は、情勢の展開を踏まえて再度、議論を行っており、、その内容を踏まえて公開することにします。

今後も、言論NPOでは新政権の課題評価会議を開催し、その議論の内容を言論NPOのウェブサイトで公開し、新政権に残された課題や今後の方向性を考えるための材料を提供していきたいと思います。

⇒このページの先頭に戻る

⇒第1回を読む