Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

【福田政権の課題】「和の政治」と「理念の政治」1/松本健一 印刷 Eメール

【福田政権の課題】「和の政治」と「理念の政治」第1回

松本健一(評論家、麗澤大学国際経済学部教授)
まつもと・けんいち
profile
1946年群馬県生まれ。東京大学経済学部卒業。京都精華大学教授を経て現職。主な研究分野は近・現代日本の精神史、アジア文化論。著書に『近代アジア精神史の試み』(1994、中央公論新社、1995年度アジア・太平洋賞受賞)、『日本の失敗 「第二の開国」と「大東亜戦争」』(1998、東洋経済新聞社)、『開国・維新』(1998、中央公論新社、2000年度吉田茂賞受賞)、『竹内好「日本のアジア主義」精読』(2000、岩波現代文庫)、『評伝 佐久間象山(上・下)』(2000、中央公論新社)、『民族と国家』(2002、PHP新書)、『丸山眞男 八・一五革命伝説』(2003、河出書房新社)、『評伝 北一輝(全5巻)』(2004、岩波書店、2005年度司馬遼太郎賞、毎日出版文化賞受賞)、『竹内好論』(2005、岩波現代文庫)、『泥の文明』(2006、新潮選書)など多数ある。


理念先行型の安倍政権が行き詰まった理由

 福田康夫さんが今、日本の政治の中で登場してくる政治的、歴史的な意味については、いくつものコンテクストが考えられます。例えば、群馬県出身の 福田さんの路線や位置づけといったことがあります。他方で、安倍、麻生、福田3氏のカラーの違いはどうなのかということが考えられます。

argaiv1735

 まず安倍普三さんは山口県ですが、長州は幕末の時から革命イデオロギー藩と言えます。吉田松蔭以来、これが正義である、というテーゼを掲げて、正 しいことを行なうのが政治である、というやり方をするのです。だから安倍さんは、例えば戦前の「強い」でも、戦後の「豊かな」でもなく、「美しい国」、そ して「戦後レジュームの脱却」という理念を掲げます。そして、その具体的な、政治的なテーマは何かとなると、憲法改正と教育基本法改正、あるいは教育再生 である、というように話が進んでいきます。そして、「これが正しいのだから」となれば、そのために一途に突っ走っていきます。

 しかし、そういう政治手法なので、妥協とか、それをするためにはどういう人脈を辿るか、スタッフを集めるか、ブレーンは誰にするか、という政治的 な設計図がないのです。イデオロギーに反している人は、極端に言えば全部抹殺していくという形を取ることになります。もう百何十年前の話ではありますが、 長州藩は、かつて自分たちの敵であった会津藩や佐幕派だった連中は全部抹殺するという考え方をとりました。そして、例えば同じ賊軍であった庄内藩も、尊皇 攘夷の旗に歯向ったのだから、その責任者は全部クビを切れという言い方をするわけです。

 例えば薩摩藩と比較しますと、薩摩藩は革命イデオロギー藩ではなく革命政治藩です。西郷隆盛は、それをやるためにはどのようにやればいいか、どこ と手を握れば良いか、あるいは今は一歩退くべきだろうかというように、マキャベリズムと妥協や腹芸の使い分けがすごく上手なのです。戊辰戦争で勝ったのだ から、死んだ人を責任者に仕立てれば、誰も殺さなくて済むというように考えて、賊軍に寛容を示します。これに対し、我々に反抗した連中なのだから、これを 全部抹殺するべし、というのが長州藩です。しかし、裏を返すと、長州藩には、こういう革命イデオロギーでやるのだからそれ以外のことは全部枝葉末節のこと であるという、こだわらない潔さという面もあります。

 そうした流れで安倍さんの結末を考えると、例えば「お友達内閣」と最初言われたように、「正しい」安倍さんはスタッフも集めていないわけです。結 果的には、閣僚として全く実力を持っていない、政治的な経験もない、法律や制度をどう変えていくべきという政策マシーンの知識もない、さらには、もっと身 近な自分の事務所費の処理もできない連中ばかりが集まってしまいました。つまり、安倍さんがそれで突っ走っていくと決めた「美しい国へ」という理念、憲法 改正、教育基本法改正などの政治的テーマを実際にやりこなす人材を集めていなかったということになります。

 しかし、実際には、教育基本法の改正も、憲法改正のための国民投票法も可決したように、かなり強引にことをやってしまいました。ではなぜ、あの政 権が挫折したのか。それは、安倍政権が掲げた理念とは関係のないところ、革命イデオロギーでは片付かない、国際関係や国内の経済格差や地方の疲弊や閣僚能 力の問題で全部が行き詰まってしまったからです。

 例えば地方と都会の格差、農業と工業の格差、農村の疲弊の問題です。小泉改革のツケともいうべきそこのゾーンに、従来の自民党政治に熟知した小沢 一郎さんが手を入れてくる。安倍さんは、自分は格差の是正とか地方の救済とか正しいことを言っているのだから、どこでそれを言おうと同じように通じると考 えたと思います。しかし、現在、行き詰まっている地方・農業・中小企業・地方の老舗産業・公共事業を失った建設業界等に直接、小沢氏は手を入れていくとい う方法をとり、選挙に勝ったわけです。

 選挙の勝ち方を小沢氏は大変よく知っています。選挙の勝ち方という発想を持ったことのない安倍さんにとっては、都会の辻演説で「正しさ」を主張すれば十分という考えだったでしょうから、全然違う手法であの選挙に負けたというわけです。

 それに、安倍さんにしてみれば自分の責任ではない事情も覆いかぶさってきました。例えば、地方の格差の問題が出ている、郵便局が山間や農村でほと んど廃止の状況になっていく時に、コンビニもないところで、どのようにして年金を受け取るのか、郵便貯金を出し入れするのかという具体的な問題がたくさん 出てきています。これらは、小泉政権の掲げた路線のツケです。その上、社保庁の問題、年金の記載がない、閣僚たちの身元、事務所費処理の問題、これらは全 部、安倍さん本人の責任ではないのです。

 すると、何で俺の責任でないものを、俺が責任を取らなければいけないのか、支持率が落ちる理由も分からないという考え方になってきます。それで、 一人かなり突っ走ってしまった。もともと、自分が「正しい」のだから支持率が少しぐらい落ちてもやるべきものはやるのだ、という「闘う政治家」ですし、理 念的に私が正しい、私が考えていることが美しいのであるとなれば、正義でない連中、美しくない連中が何を言おうと、聞こえなくなってしまうのです。

 選挙で負けて、退陣の時期を逃して自滅してしまったことについては、安倍さんは政治経験がやはり浅いということがあると思います。主要閣僚を経験 せず、官房長官しかやっていません。一方で、代わりに出てきた麻生さんも与謝野氏も、みな政治経験が豊富です。彼らに政府と党の両方の政局が取り仕切られ てしまいました。自分が総理・総裁なのだから独断的にできると思っていたのですが、全然、自分で取り仕切れない、ということになりました。

 しかも、国際的に約束をしてきたテロ特措法については参議院で否決されるということが分かりきっています。そして、これを乗り切って、衆議院で2/3の再可決を図る方法も誰も考えられない。そこで、福田康夫さんが自らものべているように、「貧乏くじ」を引いたのです。


⇒このページの先頭に戻る

⇒第2回を読む