Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

【福田政権の課題】「和の政治」と「理念の政治」3/松本健一 印刷 Eメール

【福田政権の課題】「和の政治」と「理念の政治」第3回

松本健一(評論家、麗澤大学国際経済学部教授)
まつもと・けんいち
profile
1946年群馬県生まれ。東京大学経済学部卒業。京都精華大学教授を経て現職。主な研究分野は近・現代日本の精神史、アジア文化論。著書に『近代アジア精神史の試み』(1994、中央公論新社、1995年度アジア・太平洋賞受賞)、『日本の失敗 「第二の開国」と「大東亜戦争」』(1998、東洋経済新聞社)、『開国・維新』(1998、中央公論新社、2000年度吉田茂賞受賞)、『竹内好「日本のアジア主義」精読』(2000、岩波現代文庫)、『評伝 佐久間象山(上・下)』(2000、中央公論新社)、『民族と国家』(2002、PHP新書)、『丸山眞男 八・一五革命伝説』(2003、河出書房新社)、『評伝 北一輝(全5巻)』(2004、岩波書店、2005年度司馬遼太郎賞、毎日出版文化賞受賞)、『竹内好論』(2005、岩波現代文庫)、『泥の文明』(2006、新潮選書)など多数ある。

改革に対する小泉、小沢、麻生三氏の温度差

 サッチャーにせよレーガンにせよ、新自由主義という構造的な改革をしながら、一方で、行き過ぎを是正しながら政権運営を進めていきました。

argaiv1735

 小泉氏は「壊す改革」をしましたが、米百俵のエピソードを出して「国民は痛みに耐える時である」と言ったのは非常に上手でした。あのようなキャッ チフレーズ、ワンフレーズで、その時々大衆受けする一場の劇を演じてみせたという点では、小泉さんに勝てる人はいないと思います。ちなみに、米百俵は、国 民は痛みに耐えよう、今、目の前にある百俵の米を食べてしまったら、今の3日、腹がいっぱいになるだけだ、しかし、お前たちの子供の時代になったら、まだ 相変わらず貧しい国であり、敗戦国のままでいなければいけない、だからこの百俵で学校を作ろう、教育改革をしよう、というものです。

 そうであれば、今の痛みに耐えて子供の教育をしたならば、30年後にはこういう国家になっている、こういう社会構造になっているという、将来の国 家デザインを示さなければならないはずです。しかし、小泉さんにはそういう国家デザインがありませんでした。構造改革を行ったらどういう社会になっている かということを掲げることもしませんでした。国民に受ける芝居はうまかったのですが。

 小泉劇場に対して国民は拍手喝采しましたが、結局その痛みは自分のところに来ました。だから、自民党の金城湯池だった農村、農協、あるいは建設業 界や地方都市の中小企業や老舗商店などは、参議院選挙では大反発に転じたのです。というのも、拍手喝采している自分のところに痛みが来ると思っていなかっ たのに、これがモロにきたからです。

 それが結局、「小沢民主党の大勝」につながりました。小沢氏は、そういう意味での日本の利益共同体社会の仕組みを最もよく知っている人です。かつての自民支持層の農村や地方や建設業者がみな、どちらかというと、小沢氏の方についたわけです。

 小沢さんは、身を捨てて、次のステージを作ることができる人ではあります。

 まず、かつて金丸さんのブレーンであった時に、自民党の今までの政治のやり方ではダメだと考えました。裏を返すと、日本が利権構造で成り立ってい ることも一番よく知っているわけです。だから、小沢さんが手を突っ込む時にはそこに手を突っ込んでくるわけですし、今までの政治や支配構造をぶっこわして しまうとなれば、そのための手の突っ込み方も知っているわけです。小沢さんは岩手の農村から出てきていますから、どこに痛みがいっているかということもよ く知っています。

 一方で、権力を掴むべきときに掴もうとしない性向が見られます。例えば、細川護熙さんが政権を投げ出した時にも小沢さんは政権を掴むことができた はずです。政権を投げ出す人というのは、細川さんにしても、今度の安倍さんにしても、それから細川さんの祖父の近衛さんにしても、みんな育ちがいいので す。育ちがいい人というのは権力闘争をしていません。自分が汚い水を飲んでも、なんとしてでも、こういうことをやり遂げたいから権力が欲しいという固執を しないのです。こんな面倒くさいことがあるのなら嫌だと放り出す。

 結局、あのときは、小沢さんの新進党に公明党まで入って、羽田首相になりました。あの時のような政治的混乱が繰り返されることは、今の日本にとっ ては大変重い足かせになります。しかし、小沢さんという人は、ものが良く見えている人ではありますが、権力を掴むべき時に掴まない人でもあるようなので す。今度ばかりは掴むのでしょうか。

 麻生さんは福岡の麻生財閥の方です。半分は吉田茂の血が入った外交上手ですが、半分は麻生家は九州石炭を掘っている遠賀川の川筋者の親分の流れで す。そういう意味で言うとケンカの仕方がやはりうまいです。その上かなり弁が立つから、秋葉原で若者の人気を得るのもそうだし、公開討論会でも、福田さん の一番痛いところを突きます。「福田さんはその日暮らしなんじゃないか」、「北朝鮮と約束をしたからといって拉致被害者を帰せ、というのは国民感情を無視 しているではないか」と。すると、福田さんの方は一応、「拉致被害者の人々が帰りたくないと言ったから結果として帰しませんでした」と一応の自己弁明はし ていましたが、今度は、「あなた、3年前にはこう言っていたじゃないか」と更に突いていく。そういうケンカの上手さという意味では、小泉さんのやり方に近 いのです。

 しかし、麻生さんは小泉改革の歪み、陰の方を修復しなければならないと言いました。安倍政権が最も困難に立ち至ったのは、農村など格差で痛みを 負った国民がみな、安倍支持から離れていったからです。もちろん、閣僚の失態もこれに輪をかけました。これに対して、麻生さんは政権が置かれた困難な問題 をビビッドに捉えていたわけです。

 ところが、各派閥にしてみれば、安倍政権を中核で支えていたのが麻生さんですから、安倍さんは政権を放り出したのだし、また、放り出させるような 言動もしていたというように写り、お前は自分の利益しか考えていないじゃないか、おれたちにも分けろ、そのためには福田の方がいい、と派閥復活になったわ けです。


⇒このページの先頭に戻る

⇒第4回を読む