Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

【福田政権の課題】「和の政治」と「理念の政治」4/松本健一 印刷 Eメール

【福田政権の課題】「和の政治」と「理念の政治」第4回

松本健一(評論家、麗澤大学国際経済学部教授)
まつもと・けんいち
profile
1946年群馬県生まれ。東京大学経済学部卒業。京都精華大学教授を経て現職。主な研究分野は近・現代日本の精神史、アジア文化論。著書に『近代アジア精神史の試み』(1994、中央公論新社、1995年度アジア・太平洋賞受賞)、『日本の失敗 「第二の開国」と「大東亜戦争」』(1998、東洋経済新聞社)、『開国・維新』(1998、中央公論新社、2000年度吉田茂賞受賞)、『竹内好「日本のアジア主義」精読』(2000、岩波現代文庫)、『評伝 佐久間象山(上・下)』(2000、中央公論新社)、『民族と国家』(2002、PHP新書)、『丸山眞男 八・一五革命伝説』(2003、河出書房新社)、『評伝 北一輝(全5巻)』(2004、岩波書店、2005年度司馬遼太郎賞、毎日出版文化賞受賞)、『竹内好論』(2005、岩波現代文庫)、『泥の文明』(2006、新潮選書)など多数ある。

福田政権に何が問われているのか

 自民党政治という観点では、今回、総裁候補にあの2人しか出てこなかったということは、かなり断末魔に近い状態だと思います。なぜなら、自民党に はもう少し人材がいるはずですが、それにも関わらず、安倍政権を引き継いで、小泉改革の陰の部分に光を当てようと言った麻生さんでなく、みんなで癒されよ うということで福田さんを選んだということであって、自民党には「火中の栗」を拾うこれだけの人材しかいないのか、ということを意味します。

argaiv1735

 やはり総理は国家指導者ですから、理念なり、政治哲学に従って、この国をどうしていくのかということを示さなければなりません。国内では衆参で与 野党のねじれ現象が起きていますし、特措法が否決されれば、世界から非難されるかもしれません。イラク戦争で失敗しているにもかかわらず、ブッシュ政権は まだそれに固執していますが、ブッシュ政権が終わったときに、日本は世界の中でどのようなポジションをとっているのか。また、アメリカとの付き合い方とい う点でも、国家指導者はそれなりの政治哲学を示さねばなりません。例えば、イギリスはもうイラクから手を引いて、アフガンの方にシフトしました。このよう に、「世界史のゲーム」を見て、冷戦構造の後にどのような国際秩序が出来始めているかということまで踏まえた形で、自民党総裁選は本当はなされなければい けません。

 しかし、自民党は国内政治で失敗もしたけれども、これからは俺が率いていく、テロ特措法も含めてこういうスケジュールでやっていきたい、と語っ て、国家をどのようにデザインしていくのか、構造改革の結果どのような国が生み出せるのかを語り、だから俺に任せろと言う人が自民党にいないのです。

 今度、民主党が多数を占めている参議院の中で、参議院は立法もできるから民主党の法案を通していきますが、今度は自民党が衆議院で否決するという 形になります。そのとき、福田さんは、「和」、つまり話し合って、ということになりますが、その結果は非常に短期間の選挙管理内閣ということになるでしょ う。

 アメリカとの同盟関係をどのように修正していくのか、イラク戦争をどう終結させていくのかについて、日本としてはこう考えるという理念と政治哲学 を出せるような政治家が今必要とされているのです。しかし、これまでの福田さんでは無理でしょう。また、福田さんの周りにそういうブレーンもいないようで す。森さんは、キングメーカー的な行動をとりますが、福田さんと森さんは同じ調整型のパターンなのです。

 森さんが首相になった時に、私は、日本が平和で豊かで安定している状況ならまだしも、石川県、加賀藩の人を今首相にしてはいけない時期だと言いま した。加賀前田家は、関ヶ原の戦いの時も、前の日になるまで去就をはっきりさせませんでした。お家を守るために、49対51になったなと見てから、51の 方につくのです。戊辰戦争の時も、徳川幕府につくか明治政府につくか、加賀藩は最後まで明らかにしませんでした。最後の最後になって、明日、維新が行われ るという日になって初めて、加賀藩百万石が維新政府の側につく。そうしたら、そちらが勝つわけです。

 確かに、大藩、大家が調整型の政治をする時にはそうでないといけません。ずっと日和見を続けてきて、今だと思った瞬間に、こちらに賭けた、こちら に一票、百万石という形です。しかし、森さんは、例えば、冷戦構造が解体して以降、国際政治がどのような力学で動いていくのか、「世界史のゲーム」がどう 動くのかということを見極めた上で、このような世界平和秩序作りをする、あるいは、その中でこういう国づくりをする、というリーダーシップを取るタイプで はないのです。

 この点は福田さんも同じタイプです。ただ福田さんは、お父さんが首相をやっていましたから、人脈がいろいろとあります。これを使いこなせれば良 い。首相というのは昔の将のようなものですから、器であればいいわけです。俺が全部取り仕切ってやる、理念を掲げるのも俺、政局を取り仕切るのも俺、人材 集めをするのも俺、というわけでなくても良いのです。

 例えば、西郷隆盛風に、俺は能力はありません、農業のことは津田仙さんに任せます、徴兵制まで含めた軍隊の新しい形成は木戸孝允に任せます、その 後は山縣有朋に任せます、財政は大隈重信に、その後は松方に、と、かなりアバウトではあっても、自分は器であって、全体を取り仕切っていくけれども、この 分野はこれに任せるというふうにやれれば、国家経営はうまく進むのです。それが福田さんにできればいいのです。

 そういう意味では、自民党の派閥はこれまで政策マシーンであった時期が長かったのですから、まだそういう能力は若干持っています。悪くすれば、そ の人たちはみな、閥とか族といわれるような利権構造のしがらみに囚われてしまいますが、逆に言うと、どういう法律を作り、どういうボタンを押していけば、 この官庁は進んでいく、ということを知ってもいるのです。そして今、各派閥がほとんど全部、福田さんに乗ってきたわけです。そうであれば、福田さんが私は 派閥連合によって選ばれているのではないけれども、派閥がこういう役割を果たし、こういうマシーンとして使えるから、それを使って、自分はただ単に選挙管 理内閣ではなく、こういう国づくりの問題も含めて、このようにしていきたいと、上手くカジを取ることができるかどうか。それが、本格的な政権になるための カギだと思います。

 衆議院選挙をやった後で、このままの自民党ではダメだと思われたら、あきらめて民主党の方に政権を移すのがいいと思います。そして、その間に体制を整えればよいのです。そうでなければ、民主党もいつまでも責任政党になれません。

 そもそも参議院選挙も政権選択選挙だ、小沢を選ぶのか安倍を選ぶのかと、安倍さんは一瞬、それに賭け、その時点で負けたのです。しかし、衆議院は おさえていても、60何人の小泉チルドレンが次の選挙ではほとんど当選しないということはわかっているのですから、自民党は選挙をやりたくない状況なので す。自民党は今、「和の時である、癒しの時である、だから、福田さん、あなたが必要だ」と言って、一応、各派閥がまとまったという段階です。

 安倍さんが一ヶ月まえに内閣改造をした時に、私はこう発言したことがあります。なかなか重厚な実力者が集まってきたのは確かだが、このうち一人で も、例えば賄賂や事務所費、政治とカネの問題でミソをつければ、その時点でアウトになると。同じことが福田内閣にも言える、それゆえにカネの問題で身体検 査が終わっているかのような閣僚の大多数を再任したのだと思います。

最後に、もう1つ付け加えるとすれば、例えば、テロ特措法にどのような方針で立ち向かっていくのか、長いタイムスパンで政治哲学や国家づくり、社会構造 の行く先について、長期政権の見通しのようなものを、明確に出せるかどうかということが、福田政権の大きな問題になってくると思います。


⇒このページの先頭に戻る