Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

「日本の改革は終わったのか」座談会 印刷 Eメール

「日本の改革は終わったのか」座談会 報告


出席者

齊藤誠(一橋大学大学院経済学研究科教授)
さいとう・まこと
profile
1960年名古屋市生まれ。京都大学経済学部卒業、マサチューセッツ工科大学(MIT)経済学博士(Ph. D.)。住友信託銀行、ブリティシュ・コロンビア大学(UBC)経済学部、大阪大学大学院経済学研究科等を経て、2001年から現職。著書に『新しいマク ロ経済学 新版』(有斐閣、06年)、『資産価格とマクロ経済』(日本経済新聞出版社、07年)など。

高橋進 (日本総合研究所副理事長)
たかはし・すすむ
profile
1953年東京都生まれ。エコノミスト。立命館大学経済学部客員教授、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科客員教授等を歴任。2005年民間出身者として3人目の内閣府政策統括官として登用された。


水野和夫(三菱UFJ証券株式会社 参与 チーフエコノミスト)
profile
1953 年生まれ。80年早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了、八千代証券(81年合併後は国際証券)入社。以後、経済調査部でマクロ分析を行う。98年金 融市場調査部長、99年チーフエコノミスト、2000年執行役員に就任。02年合併後、三菱証券理事、チーフエコノミストに就任。2005年10月より現 職。主著に『100年デフレ』(日本経済新聞社)、『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』(日本経済新聞出版社)。

櫨浩一(ニッセイ基礎研究所 経済調査部長)
はじ・こういち
profile
1955年生まれ。78年東京大学理学部物理学科卒、80年同大学院理学系研究科修了、90年ハワイ大学大学院経済学部修士。81年経済企画庁(現内閣 府)に入庁(経済職)、国土庁、内閣官房などを経て退官。92年ニッセイ基礎研究所入社、2007年から現職。専門はマクロ経済調査、経済政策。著書は 『貯蓄率ゼロ経済』(日本経済新聞社)。他に論文多数。

工藤泰志(言論NPO代表)
くどう・やすし
profile
1958年生まれ。横浜市立大学大学院経済学修士課程卒業。東洋経済新報社で、『週刊東洋経済』記者、『金融ビジネス』編集長、『論争 東洋経済』編集長を歴任。2001年10月、特定非営利活動法人言論NPOを立ち上げ、代表に就任。

 

argaiv1735

■記事

 言論NPOでは、福田政権や日本の政治に問われる課題についての一連の議論形成を進めていますが、これをマニフェスト評価の視点からも取り上げ、 今後、各政策分野ごとに、それぞれの分野の各界の有識者や当事者の方々に「評価会議」を行っていただき、順次発信して行きながら、私たちの評価にも反映し ていくこととしています。その皮切りとして、第一回目の評価会議が経済政策をテーマに、工藤代表の司会で、11月2日に開催されました。

 まず、福田政権で経済政策にはどのような変化があり、政権に問われている本質的な課題は何かという論点から議論が始まりました。これについて、高 橋氏は、福田政権では前政権時の骨太2007に示された改革路線の継続に加えて、「弱者への配慮」が前面に出てきたものの、その両立は困難であり、自民、 民主両党ともそれぞれの内部に異なる路線を抱えたままでは、政策は前に進みにくいことを指摘しました。水野氏は、これまではそもそも「改革」の中身がはっ きりしていなかったのであり、財政構造改革こそが最大の改革だとしました。

 また、齊藤氏は、「構造改革」というものがどこまで日本経済の中身を改革しようとするものだったのか、メニューは出したが、果たして成果はあった のか、言葉のレトリックで期待値を高めるのではなく、そろそろ地に足を着けた中身の議論に移るべきだとしました。他方、櫨氏は、福田政権で政策路線に変化 が生じたというよりも、改革への期待と現実との間にギャップが生じ、これを埋めることを迫られている中で、いったんは「一歩後退、二歩前進」をせざるを得 ない局面にあると指摘しました。

 その後、経済政策をめぐって活発な議論が展開されましたが、そこでは、地方の衰退や格差などの困難がもたらされた背景には先進国共通のメカニズム による部分があり、それを改革による部分と冷静に切り分けて議論しなければ改革が後退する懸念があること、現局面は従来型の政策では対応できない困難な局 面にあり、そうした実態をそろそろ国民に正直に言うべき段階にあること、どこまでを自立に求め、どの部分は政府が対応するかといった点を含め、様々なもの を根本的に見直して国民に選択を問うべき段階にあること、これまで日本は他の先進国に比べてもカネの投下に見合う豊かさを実現しておらず、キーワードはフ ローからストックに転換すべきことなど、様々な論点がぶつけられました。

 その上で、①財政と経済成長、②社会保障の財源、③地方の再生の3つの個別の論点へと議論が進められました。①については、名目成長率に依存した 財政再建の発想への疑問が大勢を占めました。②については、将来の社会保障財源を消費税の大幅上昇の形で示すやり方よりも、税体系の問題、徴税の仕組み、 税の捕捉のあり方などをきちんと議論すべきであること、最低限のセーフティーネットをどこに置くべきかをしっかりと定め、その上で税と保険料を一体で議論 するという手順の必要性などが指摘されました。また、③については、地方での公の担い手の育成や、地方に資金の流れを起こしていくこと、地方にヒトや資源 が市場メカニズムを通じて出ていく仕組みの構築の重要性などが論点として出されました。

 最後に、政治が選挙で国民に問うべき選択肢は何かについて活発な議論が交わされました。基本的に、政党間で違いの出ない具体的な政策メニューのレ ベルではなく、理念やプリンシプルの違いこそを明確化すべきであるとの議論が大勢でした。ただ、衆参のねじれ現象もあり、そうした政権選択のしかたが困難 であるとすれば、次善の策として民間側から社会保障や地域活性化といった形でのイシューの明確化を求め、それについての政策の提示を迫る方法が望ましいと の点で、概ね意見の一致がみられました。

 格差問題についても、「格差」ということの本質は何かについて活発な議論が行われました。そのなかで齊藤氏からは、市場を信頼してその結果を受け入れられる人々と受け入れられない人々という対立軸のコンセプトが提示されました。

 その他、今回の議論は多岐にわたりましたが、今後、言論NPOでは、各分野ごとにこうした評価会議を行い、日本に問われる課題や国民に問うべき争点や選択肢などについて、議論形成を進めてまいります。


⇒このページの先頭に戻る

⇒議事録:第1回を読む