Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

「福田政権100日評価」座談会1 印刷 Eメール

第1回:福田政権の100日をどう見たか


2008年2月15日
加藤紘一氏(衆議院議員)
添谷芳秀氏(慶応義塾大学法学部教授)
若宮啓文氏(朝日新聞論説主幹)が出席

工藤 「福田政権の100日評価」はどんな政権でも100日経ったら評価の対象になる、という、有権者との間で 緊張感を伴った政治をつくろうと、昨年の安倍政権時から始めたものです。私たちは、この100日評価のアンケートから言論NPOが毎年行っているマニフェ スト評価を開始したいと考えています。福田政権はすでに100日を超えているのですが、この100日時点を判断したアンケートの結果によると、まだ「何を 目指す政権か分からない」という見方がかなり多いわけです。

argaiv1955

 この傾向は安倍政権時の100日評価ともほぼ同じなのですが、ただ状況は全く異なっているように思えます。安倍政権の場合はこの100日の間に北 京に行き、官邸機能の強化に取り組んだ。ただ、こうした動きや「美しい国」に代表される理念などが分かりにくく、それが国民の目線とかけ離れていたという 認識があったように思えます。福田さんの場合は、安倍退陣を受けてこの国民の間の信頼の回復をこの100日間の間に目指したため、反発はあまりない反面、 政権として何を目指しているのか、分かりにくいという問題もあるように思えます。

 ただ、年頭の記者会見ではこの100日を意識し、消費者主体というか、国民の目線から政策を組み立てるということを打ち出し始めています。そう考 えると100日を経ってから、やっと考えていることが見え始めているようにも思えます。まずこうしたアンケートの結果も踏まえて、福田政権の100日を皆 さんはどう評価しているのか。そこから議論を始めたいと思います。

「福田政権100日評価」 【調査結果】 はこちら

福田政権の100日をどう見たか

若宮 このアンケート結果は、割合に感じが出ているなと思います。福田政権の評価では、外交がいいというのが多 い。これだけははっきり見えますが、あとは何だかよくわからないというのが多いという結果ですね。発足時の期待と比べてどうかという設問については、そも そも期待していないというのがかなり多い(全体40.4%。安倍政権は36.0%)。

工藤 安倍さんのときは、そもそも期待していないという回答はメディアの記者などに多かった(48.0%。福田 政権41.4%)。特にメディアの人に批判的な見方は多く、安倍さんに対する反対が大きかったといえます(支持しない:安倍政権の100日時は 62.0%。福田政権58.6%)。それから見ると、安倍さんよりも福田さんのほうが少し良いという状況です。

安倍氏と異なる「期待薄」の中味

若宮 安倍さんが期待されていなかった理由は、1つは思想的にネガティブな意味での批判があり、もう1つは多 分、経験不足ということに対する期待感のなさでした。同じ期待しないという場合でも、福田さんの場合は、安倍さんに期待していないということとは、少し性 格が違うような気がします。これはやばいぞ、という積極的な期待のなさは余りない。キャリアがないから不安だということとも少し違う。

 しかし、逆に言うと、安倍さんに比べると何をやりたいのかがクリアでない。改革なのか改革でないのかがよくわからない。外交だけはわかるが、あと のところがよくわからない。年齢で言えばお年もお年だし、突然、首相になった政権だし、もとより、ねじれで参議院はこの状況だ。だから、そんなに最初から 期待しようがない、しょせんは総選挙をやらないことにはどういう政権になるのかよくわからない、そこまでのつなぎではないかという感じでしょう。選挙管理 内閣的な性格があると最初から見られているので、それが最初からそもそも期待していないということで、その予想が半ば当たったまま来ている。

添谷 安倍さんが突然退陣表明をした直後の雰囲気は、福田待望論のような流れが一気にできました。理由は人それ ぞれあるでしょうが、朝日新聞的に言えば、やはり安倍さんのイデオロギーが心配だということもありましたし、私の個人的な見方としては、思想やイデオロ ギーの面で安倍さんがやろうとしていた改革というのは、しょせん日本社会では実現しない。要するに、戦後体制へのさまざまな不満を言っている限りにおいて は一定の支持を得る、そうだなという雰囲気は一般的にあるのだろうと思いますが、では、それをどう変えていくかとなると、安倍さんのような思想やイデオロ ギーがぷんぷんにおいながら、例えば憲法改正などもそれをやろうとして実際のアジェンダに乗ってくると、何となく不安感を覚える。目標に近づけば近づくほ ど、何となく逡巡してしまうところがある。その辺が何となく不安といえば不安だし、危なっかしいといえば危なっかしい、そんな感じがあったのだろうと思い ます。

 だから、福田さんに期待したというのは、何となくそういうのが落ち着くのではないか、そういう落ち着きをもう一度求めたというのが、急速に福田さ んへの流れができた社会的な雰囲気ですね。それが国会議員の方々、自民党の中でもそういう雰囲気に一気になったのは、やはり同じような空気や受けとめ方が あったのかなという感じがします。

 大方の予想というか流れとしては、安倍政権の後は麻生さんではないかというのが安倍さんの退陣表明の前まではむしろ一般的な見方でした。それが急 速に崩れたのが非常におもしろい現象で、それが福田さんへの期待感の背景なのではないかと思います。極めて漠とした一般的なことだけ言えば、安倍さんが やっていたことは、若干勇ましいけれども本当にできるのかなという感じでした。ですから、そういう意味では、緊張感を持って安倍政権を見ていたところが、 突然の辞任表明で一気にふうっと緊張感が解けてしまった。その辺りが福田さんへの期待感の社会的な空気だったのではないかと思います。

無言のうちに外交面で大きく政策変換

工藤 当時、私が加藤さんに会ったときに、国民は落ち着きを求めているんだよとおっしゃっていましたが、この100日間の福田さんの動きをどう見ていますか。

加藤 安倍さんが辞めると言ったのは9月12日。途端に後継者は誰がいいかと某社が世論調査を始めたらしい。そ うしたら、12日の時点では麻生さんが理想像だったらしく、13日の午前中まではそうだった、それが午後になって急に福田さんでまとまりそうだとなった ら、世論調査の答えがぐるぐる変わってくるんだそうです。その日の夕方までの間に、総理としてどなたがこの国のためにいいですかと聞いたら、福田康夫とい うのが圧倒的になってしまったといいます。どの人がどのようにいいか、皆が判断しなくなって、誰でもいいわと。それで、誰になりそうかと聞かれているんだ と思って答える。総理レースの予想投票みたいなものが最近の世論調査だと見たほうがいいのではないでしょうか。

 だから、福田さんがなった瞬間、これだけ自民党の中で多くの支持が集まるのだから、きっと落ち着いた、いい人に違いないというイメージができ上 がってきて、そして、安倍さんがいかにも危うかったから、落ち着きや常識、バランス能力に対する回帰のようなものが非常に強く出たのだと思います。

 特に、福田さんの場合は、話すときにストレートにしゃべりません。少し外して対応するから、そこの余裕もたまらなく安定感を醸し出していたと思う し、今でもその評価はあると思うのです。ただ同時に、100日というハネムーン時期を過ぎて、ではこの国をどう持っていくかということになると、安倍さん の残した国会のねじれというとんでもない難しい問題にやはり予想通りぶち当たって、彼は今、苦吟していると思います。

 総裁になる流れがほぼ決定したようなときに、「ここで引き受けたら貧乏くじかもしれませんけれどもね」と言って批判を浴びた。けれども、あれはど ちらかというと正直な話で、誰がやったって貧乏くじです。今、福田さんが突然、激しい病気になって執務不能になったら一体どうするのかといえば、ある意味 ではまともな神経を持ってこの国の現状を考える人なら、誰も引き受け手がいないぐらいの難しい状況ではないでしょうか。

 だから、若宮さんが言ったように、あの人はとんでもない大きな政策変換を無言のうちにさっとやっているのです。それは、おっしゃるように外交面で す。安倍さんのときは、韓国の大統領と話もできなかった。まして、金正日(北朝鮮労働党総書記)にメッセージを伝えてもらうということはできなかった。福 田さんのときになると、ちゃんと電話で盧武鉉大統領に、今度、北朝鮮に行くそうですけれどもよろしく伝えてくれませんか、北朝鮮との関係打開を考えていま すということを言った。盧武鉉大統領は帰ってきて、ちゃんと言っておきましたと。どういう返事があったのかまだ報道ははっきりしませんが、この変化を何の 無理もなくやり遂げたことは大きな成果だと思います。

 国内政治の話は、これから誰がやっても苦しくなると思います。だから、福田さんも苦しんでいるのではないでしょうか。

年金の不用意発言で信頼感がた落ち

若宮 全くそうだと思います。最初は、支持率も案外高かった。これはご祝儀相場ということはありますが、やっぱ り福田さんになってほっとした感じがちょっとあったと思うのです。ぶら下がり(首相に同行してのインタビュー)の話にしても、安倍さんのときはかなり一本 調子で、あるときは高揚感がそのまま出る、そうでなければ官僚のつくった資料の棒読み的な紋切り型が多かった。それに比べると、福田さんになって、加藤さ ん流に言うと、少し外してしゃべる独特の、あるいはちょっとシニカルな言い方もしながら、どこかに愛嬌があるようなしゃべり方になった。それが、ある程度 受けた時期があったと思います。

 もう1つは、大連立の話が出ました。大連立の評価はこの調査でも厳しいし、私も賛成はできませんが、もしあれがうまくいっていたら、小沢さんは何 だという批判を浴びたかもしれないけれど、福田さんは大したものだということにになったのではないか。あそこがある種のピークで、あれが壊れてからは、大 連立が壊れた反作用で民主党や小沢さんが強硬路線のほうに振れてしまった。あれ以降の国会は、誰がやってもまさにしんどいなということになった。

 また、福田さんは年金の問題を引き継いでいます。あれも福田さんの責任というわけではないですし、また安倍さんの責任というわけでもない本質的な 問題はありますが、安倍さんの時の公約をそのまま引き継いでしまったわけです。あの公約にそもそも無理があったので、それを福田さんがもう少しきちんと意 識しておいて、どう修正するかを考え抜いておけばよかった。しかし、いつもの調子でちょっと自然体で言ってしまったのが、非常に不用意な発言になって、あ そこから信頼感が落ちてしまった。福田さんの大きなミステークだったと思います。それが修復できないままですね。

 また、薬害C型肝炎の結論はああいうところに落としてまあまあだったと思いますが、大変時間がかかった。これも、福田さん個人というよりは体制の 問題なのかもしれませんが、あの結果に落とすなら、さっさとやっていればぐっとまた支持が上がっただろうと思います。しかし、もたついてしまったために、 余り効果的でなかった。そういうことが幾つか重なったと思います。

 外交については加藤さんがおっしゃった通りです。ただ私は、安倍さんが中国との関係を修復したという点は大きいと思います。完全修復ではありませ んが、安倍さんが右派の基盤に乗りながら靖国参拝を我慢して中国と関係を開いたことが、福田さんには非常にやりやすい状況を用意した。いきなり小泉さんの 後、福田さんが中国との修復をやろうと思ったら、相当な反発が国内的にあっただろう。それを安倍さんがあそこまでやっておいたのは非常にラッキーで、逆に 言うと、福田さんは自分が出番になるとすれば、安倍さんがそういうことをやった後だなということを頭に描いていたのではないかと思います。それは、安倍さ んの大きな置き土産だった。

⇒このページの先頭に戻る

⇒第2回を読む