Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

4政権実績評価(行政改革) 印刷 Eメール

小泉4期~麻生内閣の実績評価

argaiv1841



<評価の視点>
   評価の視点として、形式的には、小泉政権のマニフェストと、それを具体化する形で実現した行革推進法は、課題設定としてどれほど妥当であったのか、それが いかなるプロセスを経て、何が実現したのかを検証することが中心的な課題となる。それに加え、行革の先にいかなるビジョンや、具体的な政府機能の姿が描か れていたのか、という観点にも注目したい。「小さな政府」「官から民へ」のイニシアチブが、一定の成果を収めてきたのは事実であるとしても、麻生首相が所 信表明演説で述べたように、それ自体は目的ではなく手段である。その先には政府が果たす機能の姿、更には目指すべき社会へのビジョンがなければならない が、一部に評価できる点があるにせよ、これまでの政権においてそうした要素は希薄であった。主として実質要件の評価に当たっては、この視点を重視して行 う。
   更に、今回の評価は、麻生政権下でどのような政策転換がなされ、またどのような説明がなされたか(或いは、なされなかったか)にも注目して行う必要がある。


⇒詳しい評価文はこちら(PDF)

⇒「行政改革」分野のマニフェスト評価を見る

⇒更に詳しい評価文はこちら(会員限定) Coming soon...