Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

4政権実績評価(地方) 印刷 Eメール

小泉4期~麻生内閣の実績評価

argaiv1841



<評価の視点>
    地方分権改革を推進し、地域における民主主義を成熟化することが、「国と地方」における究極の目標である。言い換えれば、地方分権とは、日本国憲法に規定 された「地方自治の本旨」を実現することであり、地方自治=地域の自己決定権をいかに確立するか、という点が「国と地方」における第一の評価の視点となる
    次に、地方が実質的に自立していくための経済的な基盤をいかに強化するか、という地域経済の視点も、「国と地方」というテーマにおける重要な視点となる。 とりわけ、今般の経済危機で地域経済が大きなダメージを受けており、地方財政の逼迫ともあいまって、地方における経済対策の強化が強く求められている。た だし、地方分権の文脈に即していえば、このような地域経済の再生・活性化についても、国からのバラマキによる受動的・一時的な浮揚では意味はなく、あくま でも地方が主体性を発揮し、自立的・発展的な地域経済活動に結びついているか、という側面を重視する必要がある。こうした側面での地域経済の再生・活性化 の進展度を、「国と地方」における第二の評価の視点とする。


⇒詳しい評価文はこちら(PDF)

⇒更に詳しい評価文はこちら(会員限定) Coming soon...