Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

マニフェスト比較表(少子化) 印刷 Eメール
  自民党 民主党
子育て支援 ・新待機児童ゼロ作戦等による保育サービスの集中整備や地方における定員割れ対策を行う。
・子育て支援のためのサービスと経済的支援をバランスよく進める。
・子育て等に配慮した低所得者支援策(給付付き税額控除等)を行う。
・子育て期の短時間勤務の義務化や、長時間労働の抑制、年次有給休暇の計画付与など働き方の改革を進める。
・放課後児童クラブのより一層の量的・質的向上だけでなく、待機児童が多い地域における自治体の取組みについても支援する。
・中学卒業までの子ども1人当たり年31万2000円(月額2万6000円)の「子ども手当」を創設する(平成22年度は半額)。
・相対的に高所得者に有利な所得控除から、中・低所得者に有利な手当などへ切り替える。
・現在の出産一時金(2009年10月から42万円)を見直し、国からの助成を加え、出産時に55万円までの助成をおこなう。
・小・中学校の余裕教室・廃校を利用した認可保育所分園を増設。
・「保育ママ」の増員、認可保育所の増設を進める。
・「子ども家庭省(仮称)」の設置を検討する。
・2009 年度に廃止された生活保護の母子加算を復活する。
・母子家庭と同様に、父子家庭にも児童扶養手当を支給する。
・5年以上の受給者等を対象に行っている児童扶養手当の減額制度を廃止する。
・在宅就労の促進、保育所の優先入所、離婚時の養育費支払の履行確保などの総合的な支援策を講じる。
幼児教育 ・全ての子供に質の高い幼児教育の機会を保障するため、3~5歳児に対する幼稚園・保育所等を通じた幼児教育費の負担を段階的に軽減し、3年目から無償化する。  

⇒前のページに戻る

argaiv1710