Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

マニフェスト比較表(農業) 印刷 Eメール
  自民党 民主党
担い手・農地 ・食糧自給率50%を目指し、努力する農家の経営を支え、所得最大化を実現。
・これらの施策は、全ての意欲ある農家を支援対象とし、面積・年齢要件は撤廃する。
・耕作放棄地や不毛付け地を解消し、二毛作ができる地域では二毛作を進めるために思い切った支援を行う。
・相続税対策にも取り組む。
・雇用を増やし、農業の生産力増強に資するよう、地域の希望に沿った農村公共事業を充実させる。
・水田では、必要量にあった主食用米を作るとともに、麦や大豆といった国内で不足している作物の生産を振興する。
・都市農業の振興、地産地消、都市での農畜産物直売、産直、農商工連携、食育などを強力に進めるとともに、学校給食での地場農畜産物の利用を拡大。
・世界の市場に日本の農産物輸出を進めるよう支援する。
・農山漁村を6次産業化(生産・加工・流通までを一体的に担う)し、活性化する。
・主要穀物等では完全自給をめざす。
・農畜産物の販売価格と生産費の差額を基本とする「戸別所得補償制度」を販売農家に実施する。
・所得補償制度では規模、品質、環境保全、主食用米からの転作等に応じた加算を行う。
・畜産・酪農業、漁業に対しても、農業の仕組みを基本として、所得補償制度を導入する。
生産調整 ・米粉や資料用米等「水田としての利用」をしながら生産調整にもなる取組みで十分な所得をあげられるよう重点的な支援を拡大する。
・米の生産調整は、不公平感などの改善を図りつつ、豊作などによる価格下落があっても経営に影響させないようにする措置を充実する。
 

⇒前のページに戻る

argaiv1942