Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

日本の外交に今、何が問われているのか ―鳩山外交を評価する―⑤ 印刷 Eメール

参加者:
明石康氏(元国連事務次長)
白石隆氏(政策研究大学院大学 客員教授)
添谷芳秀氏(慶應義塾大学東アジア研究所所長、法学部教授)

司 会:
工藤泰志(言論NPO代表)

argaiv1131

 

第5話  日本はどんな国を目指すべきか

工藤 最初に白石先生がおっしゃったことが非常に気になっていて、要するに答えはないのですが、日本が将来、世界の中で何を目指すべきな のか、という点です。外交はその中でそれを実現する手段になると思うのですが、こういう体系性はまだ感じられない。鳩山政権の動きを見ていて何か感じるも のはあるのか、それともないとしたら、今、何を考えるべきなのでしょう。


大国意識を捨て、ミドルパワーの発想を

白石 その答えの一つの可能性は添谷さんがまえから言っているミドルパワーだと思います。あるいは少し妙な言い方をすれば、「ミドルパ ワー」とは言わないで(というのは、このことばはいろいろ誤解を招きやすい言葉ですので)、しかし、同時に、日本は超大国ではない、大きなオランダ、オー ストリアでもない、日本はイギリス、フランス、ドイツ、カナダなどと同じクラスの国だ、それをどういうかだと思います。


明石 それは「ミドルパワー・プラス」だと思いますよ。


白石 ミドルパワー・プラスでもいい、そういう一種の思い切り、それが国民的に合意される必要がある。それが あってはじめて、どういう国を作り、世界の安定と繁栄のために寄与していくか、みんな納得できるだろう、というのが僕の考えです。しかし、ミドルパワー・ プラスがはたして日本の多くの人たちに受け入れられるのか。日本人のあいだにはまだずいぶん大国意識があると思います。

明石 ありますけどね。日本は安保理の拒否権をもった常任理事国を目指して、ダメになった。それで、拒否権のな い常任理事国を目指そうという動きに切り替わりつつある。誰もまだはっきりとは言っていないですけど。添谷さんのミドルパワーの延長線上にある日本の国際 的な役割というのがこれから具体化していくことだと思いますけどね。

添谷 やっぱり発想の転換がすごく大事です。日本がミドルパワーかどうかというのは、外交を考えるときの発想の前提としてです。たとえば 大国論とミドルパワー論の何が違うのかというと、大国論だとあたかも日本一国で全てできるかのような発想になってしまう。「日本がこれをやる、あれをや る」と。でもミドルパワー論だと、どこと協力して何をやるかという話になるわけです。日本が強みを発揮できるのは明らかに後者なのです。日本にパワーが あったとしても、そのパワーをどう使うのかというときに、たとえば中国やアメリカが一国主義的に戦略を考えているのと同じ次元で日本のパワーを使おうとし ても、そんなものは形にならないわけです。
パワーがあればあるほど、要するにミドルパワー論の前提である、どこと協力するのかという発想でやると、役割もそれだけ高まる。どういう多国間の枠組み と課題を組み上げていくのかという発想で日本のパワーを使うようになれば、日本の役割はもっともっと明確になるし、なおかつ外から見て透明になります。
私のミドルパワー外交論というのはそういう話で、実は憲法の改正も、その延長線上の議論として再定義すると全然違う話になるわけです。大国論を前提にす るかのような保守的衝動からの改憲論は行き場がない。やればやるほど袋小路に入る。これは別に改憲論のための議論ではありませんが、そういう発想の転換を すると、もっと潜在力を発揮できると思うのです。

北東アジアは核保有国がひしめき合っている

明石 今まで国連で日本が取ってきたいくつかのイニシアティブのうち、国連大学を作るとか、国連の分担金制度の 改正とかでは多数派を作らないと達成できないので、かなりミドルパワー的な弾力性を持って行動し、成功した。そういうケースはあります。
それから、アメリカでオバマ政権が成立したというのはチャンスでもあり、オバマはまさにブッシュの単独外交に反旗を翻して、核軍縮の問題にせよ、環境の 問題にせよ、多国主義で、グローバル主義でやろうとしているので、それと相呼応する形で日本が動くチャンスがまさに来ていると思います。
ただ、問題がひとつある。北東アジアにおいては、やっぱり北朝鮮の問題、核を持った国がひしめき合っているという非常に緊張した関係があるので、日本だ けがミドルパワーで他の連中は安保理の拒否権を持った国であるという非対称性、この問題にどういうふうに向き合うか。その意味では、アメリカの政権との安 全保障面での協力を強化する線で行くしかないという面はあると思います。カナダの外交、オーストラリアの外交、スウェーデンの外交、ノルウェーの外交は非 常に国際社会をいい面で引っ張って行くところがある。そういう牽引力は決して大国からだけ来ているのではなくて、多くの場合はミドルパワーないしスモール パワーである場合さえも多いということです。

添谷 ええ。そういう意味では、アメリカとの関係を前提にしながらですが、僕は韓国やASEANは日本にとって 非常に重要な協力相手、パートナーだと思います。これはレトリックじゃなくて、同じ目線で同じアジェンダを追求しながら、同じ地域秩序を語る対等なパート ナーですよ。だけど日本はそう見られていないので、そういう言い方をしても彼らは胡散臭く思い、「お前ら何か魂胆あるのか」みたいな反応をされてしまう。 それで、結局、日本外交が立ち行かないとか、戦略が出ないとかいうことになっている。ただ民主党政権になって、もう一度、周りが日本の変化を考え直したと いうのは非常にいいきっかけだと思います。
要するに、今まで、日本のことを相当分かっている人でも、例えば安倍政権がピークですけど、保守派が力を増して憲法の改正云々をやりだした、その流れの 中で日本の変化が着々と進んでいるというのが割と世界の常識的理解になっていた。だけど実は日本の変化はそんなものではない。それが、民主党政権が生まれ たことによって、多分、証明されたわけです。だから、誤った大国論に基づく対日理解を再考させるには非常にいい政治環境です。民主党はそういう理解の体系 を持ちながら、外交アジェンダを作って行けばいいと思います。

工藤 そういう意味では今の民主党にとってはチャンスでもあるわけですね。ただ、今の民主党は国民の世論だけを 利用して、選挙的な対応だけで動いているような状況なので、足元が崩れ始めているわけです。

添谷 やっぱり戦略論がないのです。

明石 この政権には、さっき白石さんがおっしゃった「言葉の軽さ」というものをもっと意識してほしい。それと、 アイデアの重さをもう少し意識してほしい。「主体性」なんて曖昧な言葉に逃げ込まないで、具体的なことで、環境問題でも、軍縮問題でも、日本らしいイニシ アティブをとれる問題はたくさんあると思います。

添谷 民主党の中で、そういう政治家を育てていくしかない。戦後初めての本格的政権交代で、画期的な変化です よ。だから時間をかけてゆっくり、ということでやるしかない。

明石 それだけの時間が果たしてあるのかということもありますね。

添谷 だからこそ、変なことをやらないでほしい。

工藤 そうですよね。修復するのがすごく大変ですから。前に行くのが大変なのに、壊すのは簡単です。

添谷 アメリカがいるうちは沈まない。鎖がつながっている。でも、そこにやっぱり気付かないといけない。底まで 沈んでやっと気付いて、引き揚げられるというのは、この国の未来にとっても悲劇だと思います。

<了>