Payday Loans
   
「未来選択」は言論NPOが運営するマニフェスト評価専門サイトです。
【メイトになると最新情報】がメールで届きます。
言論NPO

 

2012年衆院選対応「未来選択」新サイトオープン

 2012年衆院選対応の「未来選択」はこちらに移動しました

言論NPOとは

日本のメディアや言論のあり方に疑問を感じた多くの有識者が、日本の主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくろうと活動を始めた認定NPO法人です。
⇒詳細はこちら

▼参加したい方はこちら


▼言論NPOのツイートはこちら

▼お問い合わせはこちら

実績評価(経済) 印刷 Eメール

keizai_1.jpg

argaiv1710

 hyoukanositen_1.jpg 

  鳩山前政権の経済政策を評価するための基本的視点は、大きく分けて2つある。1つは、景気回復をサポートする、あるいはデフレを克服できる有効な財政金融政策がどこまで実施されたかというマクロ経済政策運営の観点からの評価。この点については、①昨年12月に策定された第二次補正予算(雇用対策、エコカー・エコポイント・住宅版エコポイント、金融対策など)、②政府のデフレ宣言と日銀による累計20兆円規模の資金供給などの金融政策、③亀井前金融担当大臣が主導した中小企業金融円滑化法(いわゆる返済猶予制度)を評価の対象とする。

 もうひとつのポイントは、中長期的な持続的成長を達成するための構造政策、主としてコンクリートから人への資源配分の変化を目指した経済政策の評価である。具体的な評価対象は、①22年度当初予算の内容、②昨年12月30日に公表された成長戦略(骨子)、③今国会での成立は見送られたが、次期国会での成立が見込まれている郵政改革法案の3つとする。その際の評価の視点は、マニフェストの内容をどこまで実現できたか(形式評価)と、マニフェストで目指した目標達成のために具体的にどのような有効な政策が取られたか否かという政策内容自体の妥当性(実質評価)に分けて評価する。

 

hyouka_2.jpg

■実績評価(22点/40点)

 民主党はマニフェストにおいて、「家計の可処分所得を増やし、消費を拡大」し、「日本の経済を内需主導型へ転換し、安定した経済成長を実現」すると述べている。子ども手当、農家戸別所得補償などはこの政策手段としても位置付けられたが、それらが実現したのは2010年4月であり、その実現時期から見ても目下の高い成長率はこれらと無関係である。政権交代はすでに景気の底打ち後であり、民主党の09年10月の「緊急雇用対策」、12月の「緊急経済対策」(国費7.2兆円、事業規模24.4兆円)の2回の対策に意味を見つけるとすれば、前自公政権の4回の矢継ぎ早の経済対策路線を継続し、底割れを回避し下支えをしたという点であり、その点で一定の評価は可能である。民主党政権になってからの経済成長は、欧米経済の回復と中国を中心としたアジア・新興国経済予想以上の成長と輸出(外需)の復調によるものである。22年度の予算でも歳出削減が2兆円に上る一方で新規政策は3.6兆円に留まり、景気効果という点では効果は乏しかった。さらに菅副総理(当時)のデフレ宣言も宣言によって何を政府は克服すべきか、を国民に説明できず、デフレを公的に認めたに過ぎない。作年の総選挙時から指摘された成長戦略もなかなか示せなかったことも評価を下げるポイントである。政府が「新成長戦略」の基本方針を閣議決定したのは予算編成が終了した12月30日であり、その内容も予告編程度で具体的な対策や工程を欠いている。つまり、22年度の政府予算にはそうした成長戦略が反映されていない。ただ、その後、菅新政権が、「強い経済、強い財政、強い社会保障」の3点を課題設定した点は、家計への所得再分配しか提起できなかった経済対策の修正を意味しており、財政、社会保障という日本が直面する課題に向かい合う姿勢を示した点も評価はできる。問題はそれらを一体的にどう実現するかだが、この時点では納得できものが伝わってこない。6月18日には「新成長戦略」が閣議決定され、そこでは法人実効税率の引き下げにも踏み込んだ。菅政権の「強い経済」への道筋を示すものであるが、内需主導から外需利用も含めて従来の家計重視の経済政策からの転換を図る要素が強い。そうであるならば、マニフェストの修正を含めこの転換についての合理的な説明が求められるが、現時点でその説明がなされた形跡はない。

 

 

■実行過程(10点/30点) 

 緊急雇用対策と緊急経済対策においては、民主党のマニフェストの政策が一定程度反映されている。また、経済対策の取りまとめ役として国家戦略室、そして税制調査会が新たに政府内に一本化されて発足するなど、政治主導で政府の経済対策を策定し実行する体制は形式上整えられた。しかし、国家戦略室は戦略ビジョンの司令塔として機能はしておらず、政務三役や政治家同士の意見調整が延々と続いて結論が迷走し決定が遅れたり、党のマニフェストを政府の約束として確定させて実行する段階になると、政治家が各省庁の立場を代弁するなど、政策決定過程として評価できない点が目立つ。また、実行過程における連立与党と政府の関係も、金融モラトリアムや補正予算の規模、郵政改革を巡って政府内の混乱を助長した点は評価を下げる。そもそも郵政改革や郵貯の限度額引き上げは民主党マニフェストには明記されておらず三党連立合意にもない。郵政法案は廃止になったものの、マニフェスト政治の根幹にかかわる問題である。

 

 

■説明責任(4点/30点)

 まず、自公政権下で透明性が確保されていた経済財政諮問会議のような、経済戦略などの説明責任の場が失われてしまった。民主党政権では国家戦略室にその機能が期待されたが、前述のように内閣との連携も乏しく、司令塔的な役割は発揮できず、政策の議論、立案過程の公開の度合いも極めて低い。政府税制調査会でも、議事録や資料の公開は行われているものの、専門家を交えた具体的な検討プロセスを知ることはできない。政治主導の政策決定によって政治の裁量性が強まり、国民に対する政策実行プロセスについての情報開示や説明責任がおろそかになった点は否めない。