鳩山政権「安全保障政策」に関する評価座談会 報告 印刷

argaiv1953

 1月28日、都内にて、鳩山政権の安全保障政策に関する座談会を行いました。

 座談会には高橋杉雄氏(防衛省防衛研究所主任研究官)、古川勝久氏(安全保障問題専門家)、山口昇氏(防衛大学校教授)が参加し、言論NPO代表 の工藤泰志(言論NPO代表)が司会を務めました。

 この座談会は、現政権の施策を判断するための材料を提供することを目的とし、言論NPOが主催したものです。普天間基地移設に関わる問題、日米同 盟の意義とあり方、その他世界的な諸課題に対応するための戦略や、政府内の仕組みの構築など、多様な論点に渡って議論が交わされました。