過去4回の「東京‐北京フォーラム」の実績と成果 印刷 Eメール

過去4回の「東京‐北京フォーラム」の実績と成果

 
 日中両国関係は、小泉政権以来途絶えていた首脳会談が2006年10月8日の安倍総理訪中をきっかけに再開し、福田政権以降は両国首脳による相互訪問が頻繁に行われるようになるなど、近年は両国の政治間の様々な交流が活発化しています。
 こうしたアジア外交面での急展開の背景には、2006年8月に東京で開催された「第2回 東京‐北京フォーラム」の舞台での対話がありました。その1ヶ月後の自民党総裁選挙で首相就任が確実視されていた当時の安倍内閣官房長官が、両国関係の改善を中国要人の前で直接呼びかけたことで、日中関係は首脳会談再開に向けて動き出したのです。民間の議論の舞台で外交が動く、それは、私たちが2005年に北京で立ち上げた「第1回 北京‐東京フォーラム」で掲げたミッションそのものでした。
  このフォーラムは過去4回にわたって開催されており、他にもさまざまな実績や成果をあげています。
 
 「第1回 北京‐東京フォーラム」は2005年の反日デモの直後、日中関係が最も深刻な時期に北京で立ち上がりました。100人を超す両国の主要な有識者、メディア関係者が議論に参加し、日中のみならずCNNやBBCなど世界のメディアによって、共同世論調査の結果や議論の内容の詳細が大きく取り上げられました。
 2006年の第2回の東京大会は、上で述べたように安倍官房長官(当時)の発言を契機に日中両国の関係改善、首脳会談再開への扉を開く歴史的な役割を果たしました。2007年の第3回の北京大会では、北京大学にて分科会「アジアの未来」を開催しました。日中両国の政治家と中国人学生300人が対話し、参加型でオープンな議論の舞台を作り上げました。議論の内容はインターネットで中継されました。
 昨年開催された第4回の東京大会では、フォーラム立ち上げ以来最多となる7つの分科会が行われ、日中双方から合計100名を超えるパネリストが参加しました。「食料対話」「環境対話」「地方対話」が新たに設けられ、特に「食料対話」は、両国が食の安全を議論する初めての舞台として、大きな注目を浴びました。また、「メディア対話」での議論の様子はNHKの特集番組を通じて報じられました。
 
 さらにこの間、過去4回にわたり日中共同で両国民を対象とする世論調査を実施し、両国民間の認識のギャップを埋めるための議論を展開してきました。
第5回目の開催となる今回は、中国経済の台頭や日本での政権交代など、アジアや世界に様々な変化が生じつつある中で行われます。「世界経済における日中の役割」をメインテーマとし、経済・金融危機後の世界に向けて、日本の新政権と中国がどのような協力を行っていくべきかを中心に、これまで以上に具体的かつ活発な議論をしていく予定です。