「第6回 東京‐北京フォーラム」のみどころ 印刷 Eメール
 
   
 【 政治対話 】  テーマ:「アジア、太平洋の未来と政治の責任
-グローバリズムと国家の役割、アジア アイデンティティ-とは何か 
   
  日中両国から閣僚経験者を含む有料政治家6氏が参加し、日本の大学生を前に議論を行います。
   
  【主な参加者】  
   日本側
加藤紘一(衆議院議員)、鈴木寛(文部科学副大臣)他
   中国側
 

趙啓正氏全国政治協商会議外事委員会主任)、呉建民(博覧会国際事務局名誉議長)、
李肇星(全国人民代表大会報道官、前外務大臣)

 
   
 
   
 【 メディア対話 】  全体テーマ:「日中の相互理解とメディアの責任」
   
  フォーラム開催に合せて毎年実施している日中共同世論調査の結果を踏まえ、両国民の相互理解や認識に関して、両国の有識者やメディア関係者が公開の場で議論を行います。
また、中国から若手のメディアの記者30人が聴衆として参加し、会場を交えた議論を行う予定です。
   
  【主な参加者】  
   日本側

 
工藤泰志(言論NPO代表)、下村満子(ジャーナリスト、前経済同友会副代表幹事)、
小倉和夫(国際交流基金理事長)、藤澤秀敏(NHK解説委員長)、
奥野知秀(共同通信社常務理事)、木村伊量(朝日新聞社役員待遇西部本社代表)他
   中国側
 
劉沢彭(全国政治協商会議常務委員)、周明偉(中国外文局局長)、劉北憲(中国新聞社社長)、
馬為公(中国国際放送局副総編集長)、劉浩遠(新華社東京支社副社長)他
 
 
   
 【 経済対話 】  全体テーマ:「アジアの持続的成長と日中の貢献」
   
   前半テーマ:日中経済の持続的発展とアジアの成長モデル
中国やアジアの持続的な経済成長の問題や、アジアの新しい成長モデルについての議論、両国の持続的な経済発展に向けての日中協力などについて議論します。

 後半テーマ:日中の経済交流とビジネス提携の深化と拡大
日中間の相互投資が加速している中で、ビジネス間での日中間の協力の深化、拡大などについて率直な意見交換をしたいと考えています。

   
  【主な参加者】  
   日本側

 
小島明(日本経済研究センター特別顧問)、武藤敏郎(株式会社大和総研理事長)、
福川伸次(財団法人機械産業記念事業財団会長)、田波耕治(株式会社三菱東京UFJ銀行顧問)、
塙昭彦(株式会社セブン&アイ・フードシステムズ代表取締役社長)他
   中国側
 
蘇寧(中国人民銀行元副総裁)、魏建国(中国国際経済交流センター秘書長、商務部副部長)、
孫蔭環(億達集団有限公司会長)、遅福林(中国(海南)改革発展研究員院長)他
 
 
   
 【 外交・安全保障対話 】  全体テーマ:「東アジアの安全保障と世界への貢献」
   
   前半テーマ:東アジアの安全保障と日中協力
後半テーマ:アジアや世界の課題にどう対応するか

「東アジアの安全保障と世界への貢献」を全体テーマに、日中が協力してアジアや世界の課題にどう対応するのかなどについて議論します。なお、今回の「外交・安全保障対話」円卓会議(全員がテーブルについて)で議論を行うことを予定しています。
   
  【主な参加者】  
   日本側
 
石破茂(自民党政務調査会長)、長島昭久(防衛大臣政務官)、明石康(財団法人国際文化会館理事長)、添谷芳秀(慶應義塾大学東アジア研究所所長)、若宮啓文(朝日新聞社コラムニスト)他
   中国側
 
陳健(中国国連協会会長、元駐日中国大使)、呉傑明(中華人民解放軍国防大学教授)、
楊伯江(中国国際関係学院教授)、劉江永(清華大学国際問題研究所教授)他
 
 
 
   
 【 地方対話 】  全体テーマ:「地域の経済交流と都市の未来」
   
   前半テーマ:成長と都市管理、防災と高齢化に行政はどう対応するか
後半テーマ:観光や投資、経済の連携をどう進めるか

両国の自治体の首長レベルのパネリストが参加し、成長と都市管理、防災と高齢化に行
政はどう対応するのか、また、観光や投資、経済の連携をどう進めていくか、両国の各自治体などの首長同士が議論を行います。
   
  【主な参加者】  
   日本側

 
増田寛也(株式会社野村総合研究所顧問)、山田啓二(京都府知事)、
溝口善兵衛(島根県知事)、森民夫(全国市長会会長、長岡市長)、
香山充弘(学校法人自治医科大学理事長、元財団法人自治体国際化協会理事長)他
   中国側
 
陳昊蘇(中国人民対外友好協会会長)、夏徳仁(中国共産党遼寧省委員会常務委員、大連市委員会書記)、孫尭(黒竜江省人民政府副省長)、楊樹平(河南省三門峡市長)他

      ※参加者につきましては、一部変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。(2010.8.17)